top of page

アマゾンの熱帯雨林にとって金価格の上昇は悪いニュース - 違法採掘が増加し環境と先住民に悪影響




トムソン・ロイター財団が報じたところによると、金価格の上昇はアマゾンの熱帯雨林にとって悪いニュースとなっています。金需要の過熱により、違法採掘が増加し、森林破壊や先住民コミュニティーへの暴力が広がっています。


金は政治不安や金融危機の際に安全な避難先として知られており、その価格は2021年4月に1オンスあたり2000ドルを超え、史上最高値に近づいています。


アマゾン川流域を含む南米9カ国では、16世紀後半以降金の採掘が行われてきました。数十年にわたり、採掘者たちはシャベルや選鉱鍋を使ってアマゾン地域の河川や河岸の泥や砂から小さな金塊を探してきました。しかし、2000年代初頭の金価格の高騰以降、アマゾン川流域は違法採掘の中心地となり、その問題は急速に拡大しています。


ブラジル、コロンビア、ペルー、エクアドル、ボリビア、ベネズエラなどの国々は、金の違法採掘による影響を大きく受けています。特に先住民族のコミュニティーは深刻な影響を受けており、先住民居住地の20%以上が採掘権の対象地域や違法採掘が行われている土地と重なっているとされています。


違法採掘は森林破壊や川の汚染、先住民コミュニティーへの病気の蔓延をもたらしています。過去10年間に起きたゴールドラッシュにより、ブラジル、ペルー、コロンビア、エクアドル、ボリビアでは広範な原生林が破壊され、荒涼とした景色が広がる砂漠のような土地も存在します。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page