top of page

チャールズ3世、約1000年の伝統に続きウェストミンスター寺院で戴冠式



ロイターによると、チャールズ3世は5月6日にウェストミンスター寺院で行われる戴冠式において、約1000年の伝統を受け継ぐこととなります。


一部ではあまり知られていないチャールズ3世に関する興味深い事実を紹介しましょう。


まず、彼は英国王としては初めて学校に通った経験を持つ王です。それまでの国王たちは家庭教師による教育を受けてきましたが、チャールズ3世はロンドン西部のヒルハウス校に通い、その後バークシャーにあるチーム校の寄宿生となりました。この学校は彼の亡父であるフィリップ王配も在籍していた学校です。さらに彼は首席生徒として評価されました。


その後、チャールズ3世は厳格な寄宿制学校であるスコットランドのゴードンストウン校に進学しました。こちらもフィリップ王配が学んだ学校でした。また、教育の一環として、豪メルボルンにあるジロング・グラマースクールでも学びました。さらにケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで考古学、自然人類学、社会人類学を学んだ後、歴史学に転向しました。また、アベリストウィス大学ではウェールズ語を学びました。


若い頃のチャールズ3世はスポーツが好きで、スキーやサーフィン、スキューバダイビングに興じました。また、40年以上にわたってポロに熱心に取り組んでおり、アマチュア騎手としても活躍しました。しかし、2005年に引退するまでの間に、落馬による重複骨折や入院の経験もありました。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page