top of page

ヌートバーの活躍も虚しく、カージナルスがタイガースに逆転負け





米大リーグの試合で、カージナルスとタイガースが激しい戦いを繰り広げました。カージナルスの外野手で、WBC日本代表でも活躍したラーズ・ヌートバー選手(25歳)は、試合で「1番・右翼」のポジションに入り、3安打を記録しました。これにより、彼は3試合連続でマルチ安打を達成し、打率も3割4厘まで上昇させました。

ヌートバー選手は、3日のエンゼルス戦で大谷翔平投手に対して3つの三振を喫した後、「タイミングの取り方を少し調整した。つま先でタイミングを取った」と打撃を修正しました。

その結果、4日の試合では初めての1試合4安打を達成し、5日のタイガース戦でも2安打1打点を含む4打数2安打を記録しました。そして、この日の試合では初回にバント安打、5回には足で稼いだ内野安打を含む3安打の活躍を見せました。さらに7回にはファインプレーを演じ、9回には勝ち越し点を阻止するために本塁へ送球しました。 しかし、ヌートバー選手の活躍も虚しく、延長10回にタイガースに逆転され、チームは8連敗という苦境に立たされました。


閲覧数:3回0件のコメント

Commentaires


bottom of page