top of page

レクサスが新型「LM」でミニバンの究極形を実現!欧米では考えられない発想の背景は?




レクサスが新たに発表した最新モデル「LM」は、ミニバンの世界において究極とも言える存在となりました。この斬新な発想は、なぜ生まれたのでしょうか?欧米の価値観からすると、これはあり得ない発想かもしれません。

2023年の上海モーターショーで初公開されたレクサスの新型「LM」は、高級なミニバンとして注目を集めました。この車は、お抱えの運転手がオーナーを快適に乗せるショーファードリブンに特化しています。

以前からミニバンは中国やアジア地域で人気がありましたが、2020年から販売された先代モデルはその人気をさらに高めました。新型モデルは、その人気をさらに確固たるものにするために開発されたと言えます。

新型「LM」はボディサイズを拡大し(全長+85mm、全幅+40mm、全高+10mm)、乗り心地や静粛性、快適性などの向上に注力しています。パワートレインには2.4リッターターボエンジンと2.5リッターハイブリッドエンジンが搭載されており、新型「クラウン(クロスオーバー)」と同等の性能を持っています。

中国で発表された価格は、日本円にして1800万円から2400万円となっています。この価格設定は、ショーファードリブンに相応しいものとされています。

個人的には、このようなミニバンをショーファードリブンにするというのは、まさに日本車ならではの発想だと感じます。欧米ではショーファードリブンといえばセダンが一般的であり、「ミニバンは商用車」という考え方が根強く残っています。しかし、レクサスの新型「LM」はその常識を打ち破る斬新な提案と言えるでしょう。


閲覧数:1回0件のコメント

Opmerkingen


bottom of page