top of page

リノベーション物件の魅力と注意すべき点


マイホームには憧れるけど、お金がな~。。。。

て思っている人が増えてきたみたいです。


近年、若い方を中心にして中古マンションや一戸建てを購入してリノベーションしたいという希望が増えてきました。

リノベーションとはいったんスケルトンのみに解体して、内装や住宅設備機器等をすべて作り変える方式で、通常は、家の構造だけを残して水・電気・ガスなどの配管、配線を更新したり、内外装を刷新すること。つまりリフォームよりも大規模に家を改修することです!



国としては、日本中にある空き中古住宅を流通させるための政策を積極的に出しています。 住宅ローンも中古住宅の購入やリノベーションの費用に対応するようになり、その流れを後押ししています。

今後ますます増えていくと考えられるリノベーションですが、どのような物件でも好きなように対応ができるとは限りません。たとえば住んでいる地域や築年数、頻繁に更新される法体制など、さまざまな理由で制限がかかるケースもあるので注意が必要です!

また、現行法基準に対応するため、想像以上にコストが膨らんでしまうこともあれば、そのコストがどれくらい膨らむかは検討タイミングでは試算しにくく、場合によっては準備した予算で想い描いたリノベーションができないケースも少なくありません。


DIYなんかも流行ってますし、挑戦してみてはいかがでしょうか!


僕はあまり得意じゃないですが。。。

閲覧数:0回0件のコメント

留言


bottom of page