top of page

副業が会社にバレる原因とその対策を税務署に聞いてみた


今副業をしているあるいは副業を検討している

のであれば一番に気になるのが会社にバレるの

ではないかということではないでしょうか。

この記事ではどういう時に副業が会社にバレるのか。

会社にばれないようにするにはどのようなことに気をつければ

いいのかということについて実際に税務署の方に聞いたりしたことを

まとめました。

副業が会社にバレるのは住民税が会社に通知されるからです。

あなたの住んでいる市町村から住民税の通知が会社に行きます。

そこで、会社の経理の担当者があなたの住民税を見て、給与は変わっていないのにどうして住民税が増えるの?

と、なり会社に副業がばれてしまうわけです。

住民税が会社に通知されてしまうことでばれてしまいますので、

住民税の通知が会社にいかないようにすれば言いわけですね。

結論からいうと住民税の通知が会社にいかないようにするには

住民税を『普通徴収』とすればいいのです。

普通徴収についてはこの後解説していきます。

ただ、『普通徴収』にすれば絶対にばれないのかと

言えば残念ながらそんなことはないんです。

副業でも収入のもらい方でバレるリスクというのが変わってきます。

副業の種類によってバレるリスクが変わる

副業は所得の種類で大きく2つに分けられます。

所得とは所得=収入ではないです。 所得とは、収入から所得控除や必要経費を差し引いた金額のことを言います

・給与所得 ・・・ 会社から給与としてもらう所得

・事業所得 ・・・ お客さんからもらう所得


バレるリスクですが、給与所得の方がバレるリスクが高くなります。


副業の収入は全て確定申告をする必要があるのか

ですが必ずしも全てというわけではありません。


・副業所得の合計が20万円以上の場合

・副業が給与所得に該当する場合

副業所得が20万円以上というのは副業収入が20万円

ということではありません。

所得とは収入から所得控除や必要経費を差し引いた

金額のことです。

つまり通信費や交通費といった必要経費を引いた金額

が20万以上ということになります。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page