top of page

古橋亨梧がゴールを決め、セルティックがリーグ連覇を達成!移籍先に注目の的



セルティック所属の日本人ストライカー、古橋亨梧選手が、スコットランドリーグの第34節で4位のハーツ戦で活躍し、オ・ヒョンギュ選手とのゴールにより2-0の快勝を収めました。この結果、残り4試合を残してセルティックはリーグ連覇を確定しました。


古橋選手はこの試合でV弾を決め、今シーズンの公式戦ゴール数を30に到達させ、リーグでも24ゴールでトップに立ちました。昨シーズンに続き、高い成績を残していることから、彼の今夏のステップアップが期待されています。


英国紙『Daily Record』は、古橋選手の将来についての記事を掲載しました。同紙の記者たちは、古橋選手が今夏どのような動きを見せるかについての意見を述べました。


記事によれば、古橋選手の移籍先として、ドイツのクラブが関心を示している可能性があると指摘されています。一方で、セルティックが彼を引き留めるためには多額の移籍金が必要とされるという見方もありました。


しかし、古橋選手自身はセルティックでの環境に満足しているとの声もあります。彼はセルティックでのプレーによって成果を上げており、今後もその環境を維持したいと考えているとされています。


現在28歳という年齢を考慮すると、今夏の選択は古橋選手にとってキャリアにおいて重要な意味を持つでしょう。来シーズン、古橋選手がどのチームでプレーするかについて注目が集まることは間違いありません。彼の動向に期待が高まります。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page