top of page

吉田正尚がMLBで最長連続試合安打記録を更新




レッドソックスの外野手、吉田正尚選手がMLBにおいて最長の連続試合安打記録を「16」と更新しました。吉田選手はフィリーズ戦で4打数2安打を記録し、打率を.321まで上げました。


この記録更新は、吉田選手の活躍が注目される中で成し遂げられました。吉田選手は今年が移籍初年度であり、一軍でプレーしているだけでなく、打率.289、4本塁打、12打点という成績を残しています。前評判通りの実力を示し、期待に応えるプレーを見せています。


連続試合安打記録は、MLBの歴史を振り返っても、そう多くの選手が達成しているわけではありません。そのため、吉田選手の記録更新は、日本人選手としても大きな話題となっています。


ただし、吉田選手の所属するレッドソックスは、この日の試合で敗れてしまい、8連勝がストップしました。吉田選手自身は、試合後の取材で「勝てなかったのは残念ですが、次の試合に向けてしっかりと準備したい」とコメントしました。


吉田選手の今後の活躍にはますます注目が集まります。連続試合安打記録の更新は、彼のさらなる飛躍を予感させるものです。ファンたちは吉田選手の成長と成功を心待ちにしています。

閲覧数:5回0件のコメント

Commenti


bottom of page