top of page

女性ソロキャンパーの安全と快適なキャンプ体験を考える





ソロキャンプは、自然に囲まれて1人のゆったりとした時間を楽しめる魅力的なアクティビティです。近年、女性の間でも人気が高まっています。しかし、一人でキャンプをすると、迷惑行為や危険に巻き込まれるリスクもあると言われています。


本記事では、実際にソロキャンプを楽しむ女性キャンパー、saki camp(サキキャンプ)さんの体験談をお伝えします。彼女は3年前からキャンプにハマり、月に1~2回のペースでキャンプを楽しんでいます。しかし、その中でも危険な場面に遭遇したこともあるそうです。

特に目立つのは、「教え魔」と呼ばれる人々の存在です。彼らは女性に近づくための親切心なのか、それとも自己主張なのかは分かりませんが、時には女性キャンパーに対して無理に口を出したり、マウントを取ったりすることもあるようです。


saki campさんは、「急に話しかけられると女性は怖いと思うこともある。キャンプは失敗も楽しい経験ですから、困っていない限りはそっとしておいてほしい」と語ります。実際に、窃盗や性被害に遭った女性ソロキャンパーのケースも報告されています。



saki campさんは、自己防衛のために男性用の靴をテントの近くに置いたり、到着や途中で家族に連絡をするなどの対策を行っています。また、ソロキャンプをする上で事前の情報収集が重要であり、安心して泊まれるキャンプ場を選ぶことも大切です。


被害が相次ぐことで、「女性はソロキャンプに行くな」といった声が上がることもありますが、それは男性キャンパーにとっても同様であり、キャンプ体験の自由を奪うものとなりかねません。私たちは、風の音や鳥の声、たき火の温かさなど、非日常的な体験を楽しむ権利を持っています。

閲覧数:7回0件のコメント

コメント


bottom of page