top of page

松本潤主演の大河ドラマ「どうする家康」の騎馬武者行列が浜松まつりで盛況に開催



浜松まつりにおいて、大河ドラマ「どうする家康」の主演である松本潤さんをはじめとする多くの参加者が、騎馬武者行列に参加しました。行列は浜松市の中心部で午後2時からスタートし、約800メートルの区間を1時間かけて華麗に練り歩きました。


スタート直前、松本潤さんは参加者に向かって「いざ進め!」と掛け声をかけ、行列のスタートを告げました。


浜松市では2万2000人分の観覧エリアを設けましたが、抽選に外れた人々や多くの来場者が詰めかけ、混雑が予想されました。市によれば、5日の浜松まつりでは68万人もの人々が訪れたとのことです。


浜松市と警察は1000人以上の警備員を動員し、行列中だけでなく終了後も安全を確保するために奮闘しました。特にJR浜松駅への集中を避けるため、先導や落ち着いた行動を呼びかけるなどの対策を行いました。


浜松市および警察によれば、幸いなことに大きなトラブルは発生せず、行列は盛況に終わったと報告されています。


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page