top of page

浦和レッズ、史上最多3度目のアジア王者に!AFCチャンピオンズリーグ決勝でアル・ヒラルに1-0で勝利



浦和レッドダイヤモンズが、10月4日に行われたAFCチャンピオンズリーグ決勝戦でアル・ヒラルに1-0で勝利し、史上最多となる3度目のアジア王者に輝きました。試合は埼玉スタジアム2002で開催され、53,374人の熱狂的な観客が見守る中、浦和レッズの選手たちは勝利を手に入れました。


この試合で大会MVPに選ばれたDF酒井宏樹は、自身を支え続けたサポーターたちに対して感謝の気持ちを示し、「本当にすごかったです。誇らしい気持ちでいっぱいです」と述べました。GK西川周作もこの日、何度も決定機をビッグセーブで凌いだ功績から、第2戦目のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれました。西川は個人の活躍を振り返り、「自分が決められなければ優勝はできないというシンプルな思いでプレーしました。ピンチが訪れても動じずに冷静さを持ってプレーしようと心に決めていました」と語りました。


試合前のビジュアルサポートやハーフタイムの鼓舞も選手たちを後押ししました。マチェイ・スコルジャ監督はビジュアルサポートについて、「今日の試合は簡単なものではありませんでしたが、サポーターたちが12人目の選手のような力を与えてくれました」とコメントし、熱い応援に感謝の気持ちを示しました。


また、元日本代表の大久保嘉人氏も「代表の時以上に素晴らしかったです。こんな素晴らしいチームが日本に存在していることを誇りに思います」と率直な感想を述べました。

閲覧数:2回0件のコメント

コメント


bottom of page