top of page

米国時間の原油先物、上昇するも週間で3週連続の安値。米銀危機や燃料需要の減退懸念が影響




ロイターによると、米国時間の原油先物は上昇しています。しかし、週間の動向では、米国の銀行を巡る危機や経済の鈍化、そして燃料需要の減退といった懸念が背景となり、3週連続で安値となりました


北海ブレント先物の清算値は、1バレル=75.30ドルで、前週比で2.80ドル(3.9%)上昇しました。一方、米WTI先物は、1バレル=71.34ドルで2.78ドル(4.1%)上昇しました。

週間の推移では、北海ブレントは約5.3%、WTIは7.1%下落しました。この3週連続の安値は、両指数とも昨年11月以来のことです。


米国時間の原油先物は上昇していますが、週間では米国の銀行危機や燃料需要の減退といった懸念が影響し、3週連続で安値となりました。

閲覧数:0回0件のコメント

Comentários


bottom of page