top of page

米CDCのワレンスキー所長、新型コロナ対応の主導終了と退任を発表


ワシントンからの報道によると、米国疾病対策センター(CDC)は5日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)対応を主導してきたワレンスキー所長が6月末で退任することを発表しました。


一方、世界保健機関(WHO)は同日、新型コロナウイルス感染症に関する「国際的な公衆衛生上の緊急事態」の終了を宣言しました。また、米国では来週の11日に新型コロナに関する国家緊急事態宣言が解除される予定です。


ワレンスキー所長はバイデン大統領に宛てた書簡で、「新型コロナの公衆衛生上の緊急事態の終了は、米国や公衆衛生、そして私の在職期間にとって非常に重要な転換点となる」と述べ、退任の意向を伝えました。彼は新型コロナ対応について、「過去100年以上で最大の感染症から人々の命を救い、国と世界を守ることができた」と認識を示しました。


バイデン大統領は「ワレンスキー氏の公衆衛生への献身により、私たちは皆恩恵を受けました」と感謝の意を表明しました。

米国CDCのワレンスキー所長が新型コロナウイルス対応の主導終了と退任を発表しました。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page