top of page

英・米・独・ノルウェーが国連人権委でアフリカ北東部スーダンの暴力増加に関する緊急会合要請



ジュネーブで開催される国連人権委員会において、英国、アメリカ、ドイツ、ノルウェーの4カ国が、アフリカ北東部スーダンで急増する暴力に関する調査を目的とした緊急会合の開催を要請する見通しです。この要請が明らかになったのは、国連人権委員会の委員長に対して送られた書簡の中でです。


外交官によれば、必要な理事国(47カ国)の3分の1以上から支持を得ており、会合の開催が実現する見込みです。ただし、国連報道官はまだ書簡を受け取っていないとコメントしています。


国連人権委員会の決定は法的拘束力はありませんが、国内および国際的な裁判所において証拠を提示するための調査を後押しする役割を果たすことができます。


英国、アメリカ、ドイツ、ノルウェーの4カ国がアフリカ北東部スーダンで増加している暴力に関する調査を推進するため、来週に国連人権委員会で緊急会合が開催される見通しです。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page