top of page

チャールズ英国王が戴冠式で国民への奉仕を宣誓 - 王室の厳粛な式典に多くの参列者



ロンドンのウェストミンスター寺院で行われたチャールズ英国王の戴冠式には、国内外から多くの参列者が集まりました。歴史を重んじつつも変革を意識した厳粛な式典は、英国を世界の舞台で印象付ける手段として評価されています。カミラ王妃も戴冠し、王室の新たな節目となりました。


一方で、EU離脱後の政治的混乱の中、物価上昇に苦しむ国民の中には、特に若者の間で王政の役割に対する懐疑的な声も上がっています。抗議デモも開催され、王室制度に反対する人々が声を上げました。ただし、戴冠式を見守る市民も多くおり、パレードやバルコニーでの王室メンバーとの交流を楽しんでいました。


戴冠式の後、チャールズ英国王とカミラ王妃は伝統的な馬車に乗ってバッキンガム宮殿に戻り、宮殿バルコニーに姿を現し、集まった国民に手を振りました。ただし、王室を離れ米国で暮らすヘンリー王子は式典に出席しましたが、パレードやバルコニーには登場しませんでした。


チャールズ英国王は戴冠式で国民への奉仕を宣誓しました。この厳粛な式典は、王室の伝統を守りながらも、新たな時代の到来を象徴しています。

閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page